バッチフラワーレメディは、1930年代、イギリス人医師で細菌学者でもあったエドワード・バッチ博士によって開発された自然療法です。

治療とは、人間が本来持っている免疫力を引き出し、心の奥底にある心の乱れを取り除いて、体の不調和を治すことであるという結論から、「バッチフラワーレメディ」が生まれました。

日本をはじめ世界60ヶ国以上の国で広く利用されています。特にイギリスでは、日常生活に密着したものになっています。

バッチフラワーレメディは、薬の力に頼らず、野生の花や草木が持つ本来のエネルギーで心と体を癒します。バッチフラワーは、副作用も害もありませんので、赤ちゃんからお年寄りまで誰もが服用できます。

カテゴリー

エドワード・バッチ博士について
フラワーレメディの開発者である、エドワード・バッチ博士の生い立ちについてご紹介します。
フラワーレメディとは
フラワーレメディーの作り方や使い方についてご紹介します。
フラワーレメディの使い方
フラワーレメディの使い方や摂取用量についてご紹介します。
レメディの種類
バッチフラワーレメディの種類とその効果についてご紹介します。